ズンドコもち肌。
人生に無駄なものなんてないのだよ。

どうしたクレ・ド・ポー。

オンブルクルールクアドリn307ステラゲイズ

どうしたクレ・ド・ポー・ボーテ。いや、「良い意味」で。
リニューアルしたアイシャドウ「オンブルクルールクアドリn」を買っちゃいました。銀河をイメージしたアイシャドウパレットは全8種類。
公式サイトでこの商品の情報を見てから「絶対にカウンターで実物をチェックしないと!でも予算の関係で買うのはひとつ!」とワクワクドキドキしていました。

狙っていたのは303「ベイビーユニバース」でした。ピンクブラウンのパレットが使いやすそうで。
しかし実際に目にしてみると、全8種類すべての色が本当に細かいパールが綺麗&色の組み合わせも格好良くてますます興奮。
上記の色のほかにも、メタリックシルバー&ブラックに対照的な暖色系のシャドウを組み合わせたモード系306「シルバーエクリプス」、ゴールドブラウンのグラデーションが芸術的な307「ステラゲイズ」、308「コズミックオーラ」の宇宙空間を旅しているような寒色系パレットにも心惹かれました。
クレドのアイシャドウといえば、高品質で発色が良くて上品な仕上がりで・・・というイメージがありました。しかしこの「オンブルクルールクアドリn」はそのイメージを保ちつつもパレットの色の組み合わせ方に意外性と面白さを感じます。
おもわずBAさんに「クレドがアイシャドウでこんなに『攻め』の姿勢でくるなんて!」と感想を言ってしまったくらい。どうしたクレ・ド・ポー。
@コスメの商品ページやクレドの公式サイトでも色をチェックできますが、これは是非カウンターで実物を見ていただきたいです。

どうにか303と307の2つに候補を絞り込んで、私は菩薩のような顔でBAさんに提案しました。

弥勒菩薩。

「左目に303、右目に307を塗っていただけますか」
303ベイビーユニバース。
303「ベイビーユニバース」。
307ステラゲイズ色見本。
307「ステラゲイズ」。(上記2つの画像は@コスメよりお借りしました)

どちらもブラウン系なので左右のアイシャドウが違う色だとは遠目から見たらわからないさ。たぶん。
※ここから目のアップがあるので注意↓





ベイビーユニバースのアップ。

まずは303から。
BAさんいわく「クアドリnの使い方は自由です」とのこと。私は「色の薄い順からお願いします」とリクエストしました。
しっとりと柔らかい粉質で、締め色がないピンクブラウンのグラデーションはふんわりと柔らかな印象です。
しかしこのパレット、マットなピンクブラウンが入っているのでツヤ感を自由自在に調節できるという「攻めてるピンクブラウン」なのです。どうしたクレ・ド・ポー!

ステラゲイズ伏せ目。

右目に塗った307。
まぶたに色をのせてみると、粒子が細かいパールで造るゴールドブラウンのグラデーションの仕上がりの美しさよ。
さらに締めにこっくりと深い紫を入れたので、大人の女性への階段をダッシュで駆け上ったのだった。
帰宅後、へっぽこデジカメで撮ってみましたが上まぶたのキワがうっすらと紫がかっているのがわかりますかね?
私は「あんこ色」と呼んでいます。(どら焼き食べながら)

悩んだ末に購入した色は、307「ステラゲイズ」(トップ画像)。適当に直訳すると「星を眺めて」かな?ステキング。
決め手はゴールドブラウンのコチラのほうがより大人っぽく仕上がったことと、右端の締め色のあんこ色を目のキワに入れるとほんのり色っぽくなるからです。
奥二重で、締め色が濃いと目が小さく見えることもありますが、307は濃すぎず薄すぎず、絶妙な発色でとても綺麗。逆に目が大きく見えました。
持ちも良く、粉飛びもしません。

といってもまだまだ塗り方は何通りもあるので、自分の目の形に似合う使い方をもっと研究しなければ。コスメを使ってこんなにワクワクするのは久し振りだなー。
ただアイシャドウと一緒に購入した正方形のアイシャドウケースは一見するとブラック、見る角度によってはブルーに変化してクールだけど、指紋がつくのが難点。
そして、303が名残惜しかった私は「左目のアイメイクもこのままで」と言ってカウンターからクールに去っていったのでした。どうした私。
スポンサーサイト

ラブライナーと巨大ショッピングモール。

PLAZA限定ラブライナーダークブラウン。

イオン幕張新都心のPLAZAで購入した限定のラブライナーのリキッドアイライナー(ダークブラウン)。
使っていたアイライナーのインクがなくなったので買いかえました。

PLAZAMINIPLA限定ラブライナー。
(画像はPLAZA公式HPより)

この色はPLAZA・MINIPLA限定色で、外箱のパッケージデザインも通常とは違う特別仕様です。(私は購入してすぐに捨ててしまったのだ・・・)
ダークブラウンと同じ限定色のシャイニーブラックは、ラメ入りブラックだそうな。コチラも買っとけばよかったなぁ。

ダークブラウンで描いた「ギョーザ」。

ラブライナーは以前にも使用していたことがあるのですが、久し振りに使ってみたらすごく描きやすい!
いままで使っていたアイライナーが細身だったし、このラブライナー本体が持ちやすい太さなのもあって太い&細いラインがスルスルと描けました。
色は「ダークブラウン」の文字通り、黒に近いです。黒目の色に近いから目元にしっくり馴染んで使いやすい。
とても気に入って購入した日から使い続けています。
そういえば、ラブライナー以外で違うメーカーから「もてライナー」という名前のアイライナーも発売されてますよね。私はどっちがどっちだっけあばばば、とこの2商品がよくごちゃ混ぜになります。そのうち間違って購入する可能性は大いに有り得る。

ところで、ラブライナーを購入したイオン幕張新都心は超巨大でした。

イオン新都心デカすぎィ!
(画像は日経新聞からお借りしました)

ちなみに↑の画像でも全体像が収まりきれていません。全体像はいつか誰かがヘリでも飛ばして空撮してくれることを願います。
敷地内に4つのショッピングモールがあって、端から端まで商品を見ながら歩いたら3~40分はかかりました。
あまりに広すぎて通路のベンチで休憩する人が続出。アレですよ、巨大ショッピングモールは元気で好奇心旺盛な人向けなんですよ。
行きたいお店だけに絞って、施設内を循環している「連絡バス」を利用したほうが良いかも。それより施設内に連絡バスって。ホンットに広すぎるんだねイオン幕張新都心。

近場。

2014年夏1泊メイク。

超近場で1泊したときのメイク。

日焼け止め:アネッサ
化粧下地:タンナチュレールフリュイド ヴォワールユニフィアン
ファンデーション:タンナチュレールフリュイド タンナチュレールフリュイド
アイシャドウ:ケイト ブラウンシェードアイズ (BR-2)
チーク:ヴィセ リップ&チーク クリーム(RD-1)
リップクリーム:エテュセ リップエッセンス ディープモイスト
口紅:アナスイ プロテクティブ リップ グロス(303)

ポイントメイクリムーバーを持って行きたくなかったから睫毛にマスカラやアイラインはなしで、ビューラーでカールしただけ。
アイメイクが地味と言っていいくらいシンプルなので、リップはビビッドピンクのアナスイやハーフマット&赤リップのヴィセで。
晩ご飯のときは、ケイトのブラウンシェードアイズの濃いめブラウンをアイホールと下まぶたの目尻に強めにいれて目力アップ、というようにコスメを応用してみたら楽しくて仕方がなかった。

ちなみにスキンケアは、夜はクレ・ド・ポーのパック「ソワンアンタンシフ」を、翌朝はSK-2のスキンケアサンプル一式を使いました。
「ソワンアンタンシフ」は1回使いきりのふき取り化粧水、美容液、マスクが入っていてくすみが抜ける効果がすごい。確実に白くなる。

稲毛浅間神社。

この日は夏休みを取ってくれた主人と安産祈願にも行ってきました。
妊娠してからは乗り物酔いしやすくなり、また去年の春に風疹&はしかワクチンを打ったのに免疫ができていなかった(稀に起こるらしい)せいもあって、住んでいる千葉県から出ないという超近場旅行となったのです。
県内でも有名な神社に参拝したのですが、平日だしとにかくクソ暑かったので参拝客がまばら。安産祈願は私たち夫婦ともう1組の合計2組だけ。
ご祈祷前に案内された待合室は広くて涼しくてお茶が飲み放題。トイレも最新式で綺麗で使いやすく、結果的に大満足でした。

慣れないジャグジー。

宿泊したホテルもサービスが良く、ゆっくりできました。部屋の大理石ジャグジーにはビビったが。セレブならシャンパングラス片手に入浴するんでしょうか。そんなの映画でしか観たことないぞ。

アメニティはロクシタンバーベナ。

アメニティはロクシタンのヴァーベナシリーズでした。レモンのような柑橘系の香りはこの季節にピッタリ。

晩ご飯はホテルのフレンチレストランで食べ、食後には最上階のバーで主人はお酒を飲み、私はいちごジュース。
妊娠前はお酒もちょくちょく飲んでいたから、こういうお店に来るとどうしてもアルコール類を頼みたくなるけれど今は我慢ガマン。ワイングラスに注がれたいちごジュース。パッと見、カクテル。でも当たり前ですがいちごの味しかしない。主人は隣で美味しそうに生ビール。なんだか切ない。