ズンドコもち肌。
人生に無駄なものなんてないのだよ。

リップ優先主義。

2015年5月31日に使った主なコスメ。

本日のメイク、に使用した主なコスメ。
<アイメイク>
・メイベリン「ラッシュニスタ」(パーリーブラウン)
・マジョリカ マジョルカ 「シャドーカスタマイズ」BE286(ゴージャス姉妹)

<チーク>
・イプサ「フェイスカラーデザイニングパレット」100PK

<リップメイク>
・RMK「イレジスティブル ブライトリップス」08(ディープローズ)

RMK2015年夏メイクイメージ。

今日は先日購入した、RMKのリップが主役です。
RMKの今夏のメイクイメージが口元はハッキリ、目元は透明感がある色を使っているのでマネしてみました。

で。

プラムローズのリップが主役。

平たい顔がマネするとこうなります。
これでもイプサのフェイスカラーでチーク入れたりハイライト入れたりして頑張って立体感がでるようにしているんですけどね!(泣き笑い)

リップが主役と言うことで、目元はおもいきってアイラインを描かずマスカラ&アイシャドウのみ。
目元の印象が弱いぶん、アイシャドウ下地(キャンメイク)を使い、シャドウの色をのせた後はアイシャドウブラシでまぶたを磨いてツヤをだしました。(↑画像だとまったくわからないですね、申し訳ない…)

リップは5/1に発売したばかりのRMK「イレジスティブル ブライトリップス」。
08番の「ディープローズ」を選択したら、大当たり。プラムのような、とても華やかなローズです。
大変気に入ったので、このリップについては後日、別記事にて。

それと、眉毛。
いつもの眉毛は太さはありのままの眉毛を活かして脱色。次に形を整えてペンシルで描くことが多かったのです。
今回は、髪が黒くなったので脱色せずにペンシルで描いてみたのだけど印象が重たいかな。やはり軽く脱色したほうが良いかもしれない。
ちなみに脱色剤はエピラットの敏感肌用を使っています。
体用の脱色剤で、目に入ったらゲロヤバいので良い子はマネしないでね!悪い子は一緒に頑張ろう!
スポンサーサイト

RMKの日焼け止めはイイネ。

RMKの日焼け止め。

RMK「 UVフェイスプロテクター50」。

とても使いやすい日焼け止めだと思います。

高SPF&PA値ですが、乾燥や白浮きがありません。
瑞々しい質感でジェルのようです。
日焼け止めって塗った後の肌のベタつきやキシキシした感じが気になることがありますが、コレはそういうこともなくちょっとだけしっとりしたかな?と思ったくらいでした。
またこのような質感ですから、化粧下地と相性が悪くポロポロと消しゴムのカスみたいなものがでるかも、と懸念していましたが、それもなかったです。(ちなみに下地はインテグレートを使用)

香りは、クリームを肌に伸ばした瞬間にアルコールの香りがします。
伸ばし終える頃には消えてしまうけれど、苦手な人は注意したほうが良いかもしれません。

RMKの日焼け止めの中身。

クリームは、手に取ると練乳のような少し黄みがかった色をしているものの、肌に伸ばすとスルスルと馴染み肌色を補正する効果はないようです。

クレンジングするときも(私はプレディアのクレンジングクリームを使いました)しっかり落とすことができました。

この商品と同じくらい評判の良いクレ・ド・ポー ボーテの日焼け止め、「クレームプロテクション UV」も使ってみましたが、使用感やコスパの点(50g/3,000円)で私はコチラのほうが好きかな。
あ、使用感は好みの問題だと思います。
クレドの日焼け止めの、美容液のようなしっとり感は素晴らしいです。
私はRMKの日焼け止めの、プルプルとした瑞々さのほうが自分に合ってるかな、と。

今年の夏は日焼けしませんように……。

西武・そごうのビューティースタイルブック2015年夏バージョン。

西武そごうビューティー誌。

西武・そごうのビューティースタイルブック2015年夏バージョン。
夏号なので、スキンケアは美白モノが多い。
クレ・ド・ポーの美白美容液「セラムブランプレシユー」がそろそろなくなりそうなので、次はどうしようかなー、と考えています。
「セラムブランプレシユー」は中身が見えない容器だから、中身が底をつくギリギリにならないとわからないデンジャラスぶりに毎回焦る。
いちばん効果的な美白は「紫外線にあたらないニート生活」だけどそれはまず無理だからな。