ズンドコもち肌。
人生に無駄なものなんてないのだよ。

秋のグレー眉毛の渋い存在感。

RMK眉マスカラモカ。

RMKの記事が続いてすみません。

RMKのカウンターで秋の新色を試してもらってるときに、BAさんがメイク直しをしてくれました。
その際に気に入ったのがコレ。
RMK「アイブロウ マスカラ N」。色は05のMochaです。

今の髪の色がほぼ黒に近い色なのですが、眉毛はブラウンで描いていました。それでもおかしくないと思っていたのですが、BAさんが「このほうがしっくりきますよ」と教えてくれたのがこの眉マスカラです。
特に、この05番モカは黒髪にピッタリの色でした。眉毛を変えるだけでこんなに印象が変わるんだ!とビックリしたほど。

モカを紙に出してみると。


実物は↑画像よりもう少し暗めで、グレー8割ブラウン2割で混ぜたような、眉全体の色をふんわり柔らかくみせてれる絶妙な色です。

使い方は、まず眉尻を黒に近いグレーのアイブロウパウダーでちょろっと描き足した後、かなり暗めのブラウンのパウダーで眉の真ん中、眉頭の隙間を埋める程度にサッと描きます。
ちなみに、アイブロウパウダーはプチプラです。

キャンメイクミックスアイブロウ04。

キャンメイク「ミックスアイブロウ」04。
黒髪に使える暗めの色揃え。

そしてこの眉マスカラで眉尻から毛流れに逆らって1度塗り、最後に眉頭からもう1度毛流れに沿って塗っておしまい。
BAさん曰く「RMKの眉マスカラはティッシュオフしないで使ってOKですよ!」とのこと。
眉マスカラは過去、いろいろ使ってきましたがしっかり塗ると眉毛がボサボサに見えちゃったりして今は敬遠していたのです。
しかし、RMKの眉マスカラはそんなことがない!むしろ自然。むしろ自然!(大事なことなので2回言いました)
出来上がりがコチラ↓

グレー眉毛。

私はお湯でふやかしたカップ麺みたいな顔なので、キリっとした黒眉だと浮いてみえますし、かといって手つかずの眉はいなかっぺ丸出しです。
眉のフレームが整っていながらキメすぎないグレー眉毛は髪色とも馴染んで実に渋い存在感を放っております。
スポンサーサイト

メタリックローズは目元に馴染む。

RMkインジニーアスアイライナー04。

RMK「インジーニアス リクイドアイライナーEX」04メタリックローズを購入し、使ってみました。
見た目はギラついたボルドーのような色。

RMKカラーライナーの中身。

筆は↑画像のように、細いです。
いままで筆ペンタイプのリキッドアイライナーしか使ったことがなかったので、こういうタイプは初めて。
ティッシュオフして使っていますが筆を寝かせてしまうのがクセになってるらしく、筆のすぐ上の柄(?)の部分もまぶたに付いてしまって綿棒で修正しています。

メタリックローズを紙に出す。

メタリックローズは紙に描くとこんな感じ。
毒々しいバラみたい。派手かな?と思いましたが実際は…、
※ここから目元のアップ注意





メタリックローズを塗ってみる。

意外ッ!それは目元に馴染む!
色に渋さがあるので、秋冬でもどんどん使っていきたい色です。
また、こういう色なので目尻だけに描くとカラーラインの存在が薄く、おもいきって目頭から目尻全部に描くとアイラインが映えます。

乾かす時間は約30秒ほどでした。
擦ったりするとポロポロと剥がれることもありますが、汗には強かったです。
担当してくれたRMKのBAさんは、同じ色のアイライナーにカーキのアイシャドウを塗っていて、ぐっと秋っぽさがでていて素敵でした。

RMKの秋物を買う。

RMKで買った品物とCANMAKEの品物。

RMKとCANMAKEの品々。

<RMK>
・イレジスティブルブライトリップス EX-3(ブラウンベージュ)
・インジーニアスリクイドアイライナー 04(メタリックローズ)
・アイブロウマスカラN 05(Mocha Brown)

<CANMAKE>
・ミックスアイブロウ 04

黒髪に合わせてRMKのBAさんに黒っぽいグレー眉メイクをしてみたら一気に垢抜けて感動。
眉マスカラは予定外の出費だったが後悔などない。