ズンドコもち肌。
人生に無駄なものなんてないのだよ。

綺麗の福音。

綺麗の福音。

すいません、大先生。定価じゃなくてブックオフで100円で購入してしまいました。
わかりやすいけれど、痛いところを突いてる本です。
「若作り」と「若々しい」は違うとか。「メイクをし終わったときの感動を忘れてないか」とか。惰性でメイクしてると確かに古いメイクになっていくかも。
私がメイクをし始めたのはもう15年も前からだけど、メイクで自分の顔が変わっていくのは楽しかったですもの。
失敗もいっぱいしましたよ、ネイルをグリーンにしたり。パステルグリーンじゃないんだぜ、玉虫色。アイシャドウにパッキパキの明るいオレンジを塗ったり。
もう27歳ですからそんなメイクはできないけれど、あの感動とワクワクする気持ちは忘れちゃいいけないんだな、とこの本を読んで思いました。熱狂的なファンじゃないですがやっぱり大先生は好きだ。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zundokomochihada.blog2.fc2.com/tb.php/1313-090ce261