ズンドコもち肌。
人生に無駄なものなんてないのだよ。

台湾に行ってきましタイワンの巻(初日)

2泊3日の台北へ弾丸新婚旅行ツアーへ行ってきました。愛と憎しみと泣き笑いの3日間をざっくりと日記に書いてみようと思います。
初海外&初台湾のど素人で、間違った情報を記述していたり新しい情報をご存知の方がいらっしゃったら遠慮なく指摘してくだちぃ。

20121116_2832111.jpg

旅行初日。日本は曇り。気温は18℃。朝9時過ぎに成田空港へ到着。

20121116_2832129.jpg

空港内はこんな感じ。事前にJALでWEBチェックイン済みのため、キャリーケースを預けて入国審査。
結婚指輪に金属探知機が反応し、夫婦共にチェックを受ける。両手をだしてください、と係員に言われて素で「前へならえ」のポーズをしたら軽く怒られた。

20121116_2832126.jpg

搭乗時間まで余裕があったし、口紅を持ってきていなかったから空港内の免税店でディオールの「ルージュディオール(ヌード)」を購入。JALの航空券を掲示して値札よりも5%割り引いてくれました。2600円くらい。
色は418番の「アンジェリーヌ」です。無難ですが使いやすいベージュピンクに決めました。潤いの持続力は普通でしたがリップクリームのように滑らかにスルスルと伸びます。

20121116_2832112.jpg

いよいよ搭乗する航空機。機体は小さめ。機内は満員御礼。
もうすぐ離陸するみたいで胸ワクワクの愛がGISSIRI、色とりどりの夢がDOSSARI気分です。レッツトライトライトライ摩訶不思議~♪

20121116_2832113.jpg

離陸。空を駆け抜け山を越え~♪

20121116_2832114.jpg

お昼は機内食。味はまあまあ。食後は備え付けのテレビでテトリスにひたすら集中。

20121116_2832115.jpg

5時間ほどのフライトで台湾の桃園空港へ到着。当たり前だけど空港内の案内表示は漢字です。
台湾では公用語は北京語で、日本との時差は-1時間。(例:台湾が0時の場合、日本は1時)
スマホじゃない携帯を持っていきましたが、待ち受け画面にはちゃんと台湾時間が表示されていて助かりました。サンキュー、docomo。意地を張ってないで早くiPhoneを売ってくらはい。
空港到着後、入国審査の列に並ぶ。案内員やカウンターにいる受付職員の仕事ぶりは大ざっぱ。愛想は普通。いや日本人の愛想が良すぎ。

20121116_2832116.jpg

出口を過ぎて、出迎えの台湾人ツアーガイドのおっさんと、私たち以外のツアー同行客と合流。桃園空港から1時間以上かけて淡水という港町へ向かいます。
台湾の道路交通事情は、荒い。
自動車、タクシー、バス以上にバイクがすごく多くて、強引な進路変更、飛び出し、クラクションは鳴らしまくり。ドライバーに譲り合いの精神など1ミリもありません。日本と正反対で「早く目的地に着きたい気持ち」が優先で当然空気も悪い。偶然にも事故現場に遭遇しましたが、それはもう派手にクラッシュしてました。
また下水道管が細く空港やホテル、デパート以外のトイレでは用を足した後にトイレットペーパーを流さずに便器の横のごみ箱に捨てます。これはカルチャーショックだったな。すぐ慣れたけど。

20121118_2834082.jpg

淡水に着きました。デートスポットらしく、地元の人々でいっぱい。天候が変わりやすい台湾ですが、お天気にも恵まれ綺麗な夕焼けを見ることが出来ました。この時点で気温が23℃あり、上半身はシャツ1枚で丁度良かったです。

20121116_2832119.jpg

ツアーで付いてくる魚のすり身団子汁。薄味。この他にも茹でタマゴやソフトクリームも食べましたがソフトクリームが美味しかったです。少し固めでシャーベットアイスのようでした。
しかし、この後に事件が。

20121116_2832120.jpg


淡水を出発し、台北に着くとガイドのおっさんに日程に組み込まれていないお茶屋へ連れて行かれ烏龍茶の試飲体験。もう茶葉を買わないといけない雰囲気で、仕方なく150gで500元の台湾烏龍茶葉×3袋にしたら店員のク○バ○ァに「さらに1500元で300gサイズも1袋買って!お願い!」と押し売りされる。1元が日本円で約3円だからぼったくりじゃん何を言ってんだこの○ソ○バァ、と思い私は断ったものの、旦那さんは了承してしまいました・・・。ガイドのおっさんとこのお茶屋は確実にグルなのでしょう。
これが原因でこの日の夜にホテルの部屋で大規模な夫婦喧嘩が勃発、海外旅行中の真夜中にお互いを罵り合ったのは今では良い思い出。新婚旅行?何それ美味しいの?
帰国後、購入した烏龍茶は私たちに「ぼったくろん茶」と呼び名を付けられ、せっせと夫婦の胃袋に収まっています。

20121116_2832121.jpg


晩ご飯は台北の高級ホテルでディナー。味はまあまあ。↑はトンポーロウ。豚の角煮です。
ご一緒したツアー同行客のみなさんが良い人すぎて、ガイドのおっさんのクズっぷりが余計に目立つ。

20121116_2832127.jpg

食後は台北101へ。東京スカイツリーのような感じ。高すぎて頂上まで撮れない・・・。

20121116_2832122.jpg

タワー内部からの夜景。綺麗でっす!いつも混んでいるようですが、夜遅く行ったので空いていました。

20121116_2832123.jpg

タワーを支えているバランスボール。免震作用があるらしい。コレがないとタワーが崩れるそうな。うん、1ミリも信じてない。

20121116_2832125.jpg

宿泊先のホテルに到着したら、すでに23時。過密スケジュールだったし明日に備えて寝る・・・、なんてことはなく24時間オープンのドラッグストア「COSMED(康是美)」へ。
女性ひとりの外出は危ないからと旦那さんが私を罵りながら一緒に付いてきてくれました。もちろん売られた喧嘩は買いました。地元民からしたら夜の台北の街中を日本語で罵倒し合っている日本人夫婦のほうがよっぽど危ないと思う。
さて、台北にはこの「康是美」と香港系のドラスト「Watsons」が二大勢力で、至る所にあります。そして基本的にレジ袋はなし。(頼めば1元上乗せして袋に入れてくれます)
↑の写真の下2箱が「康是美」で購入したフェイスマスクです。1箱買うとオマケでもう1箱付いてきました。2箱で合計20枚入りが299元(約900円)です。
安い、安すぎる。ちなみにレジ袋を持っていなかったので両手に持ってホテルまで帰りました。両手に華ならぬ、両手にフェイスマスク。
入浴後にさっそく使用してみると首元までシートを広げられて微妙に便利でした。その後、夫婦喧嘩で夜も眠れず2日目に続く。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zundokomochihada.blog2.fc2.com/tb.php/1484-19bb1c3d