ズンドコもち肌。
人生に無駄なものなんてないのだよ。

台湾に行ってきましタイワンの巻(服装&化粧)

ヒートテック八分袖

台湾と日本の往復で困ったことは気温の差です。11月は暖かい台湾と比べて、日本は寒くなってくる時期になります。
この温度差で風邪を引いたら嫌だなと思い、出発前にユニクロでヒートテックシリーズを購入しました。
↑の八分袖Uネックは数年前に購入した同一商品よりも、保湿効果がアップしているそうです。実際に着用してみると暖かい・・・気がする。あくまで「気がする」。何なのでしょう、気持ちの問題?

kako-Lbcf68yMvyjnoExr.jpg

台湾滞在中はこんな感じ。日中は暖かいけれど、夕方や夜は少し冷えるのでストールやジャケット着用。袖からチラリズムしているのはピンクのサマーニットです。
豹柄ストールは約10年前から使ってる大のお気に入りなんですが、台北では豹柄ストールを巻いている女性が多く、モロかぶり・・・。

寒い日には。

帰国日。日本は出発日よりもさらに冷え込んでいたので、上半身はヒートテック八分袖を2枚+薄手ニット+デニムシャツ+ジャケット、下はヒートテックタイツ+黒パンツ+靴下で完全防寒。日本ではこの格好でバッチリだったのに当然だけど台湾にいたときは暑かったです。
ヒートテックタイツは80デニールですが、生地が薄いため黒パンツを重ねて履いても余裕でした。
ところで2泊3日の滞在で私が持って行った服は上記の物と下着くらいで、折り畳んでしまえばキャリーケースの内容量の1/9ほどに収まります。
それに比べて旦那さんは大量の下着(←汗っかきだから)や厚手のシャツやジーンズを2本も持って行くと言って聞かず、キャリーケースの1/3が旦那さんの荷物で埋まっていました。多すぎ。出発前にこの件で軽く喧嘩しました。フツー、女性のほうが荷物が多くなるのに。
お化粧ポーチには、愛用しているクレ・ド・ポーの化粧水と乳液やファンデのサンプル、キャンメイクのクリームチーク、出発日に空港の免税店で購入したディオールの口紅、アネッサの日焼け止め、ヴィセの眉ペンシルを入れていました。特に助かったのがキャンメイクのクリームチークです。手軽に塗れるし、粉じゃないから割れたりする心配もないし、何より安い。新色の12番「マシュマロオレンジ」が可愛くて購入しようか迷っています。
ディオールの口紅も使いやすいコーラルで購入してすぐ使用していたら、買った品物は大事に大事に使う性格の旦那さんがあ然としてコチラを見ていました。
また台湾へ行く機会があれば、今度はもっと化粧品や服をチェックしてみたいと思います。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zundokomochihada.blog2.fc2.com/tb.php/1488-34903fd1