ズンドコもち肌。
人生に無駄なものなんてないのだよ。

ニットとモードと。

読むところがすくなっ・・・。

ニット特集が読みたくて初めて「BAILA」を買いました。
そのニット特集と30歳からの美容特集は面白かったんですけれど、その他はイマイチ。
というか、付録がついているからにしても雑誌の中身の8割が広告でうへぇ・・・。こんなにたっぷりと広告記事を掲載しないと今は雑誌が作れない現実を思い知る。やはりネットの影響ですよね。
そんなことを思いながら「BAILA」のページを捲っていると、隣に座っていた主人も何気に覗き込みながら一緒に読んでいる。
丁度良い、と思って雑誌に掲載されているコーディネイトについてアレコレ尋ねてみました。
結果、歳相応のキレイめな格好が好きで、カジュアルは好きでも嫌いでもないみたい。
自他ともに認めるファッションセンス音痴の主人ですが、女性の服装の好みはとても普通でした。
主人がやけにお洒落好きで、モード感たっぷりの服しか認めないような男性でなくてよかったと心から思う。
私もモード系の服はよくわからん。特にパリコレ。

なんじゃこれは。

水原希子もパリコレじゃこんなんですよ。スタンドが見えそうで見えない。
いや実際にジョジョの作者の荒木先生はファッションモード誌を参考にキャラのデザインをしているらしいけれども。アレは荒木先生の絵だから個性的かつお洒落に消化できているのであって、ん?でもモード誌に載っているうるとらはいぱーモードな洋服を着こなしているのはスーパーモデルという三次元なワケで、って意味不明な文章になってきたのでとにかく自分に似合っている服を着て生活したいよね!ってことです。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zundokomochihada.blog2.fc2.com/tb.php/1642-62bb0f7a