ズンドコもち肌。
人生に無駄なものなんてないのだよ。

眉毛いじり。~すっぴん眉毛は黒くて濃くて毛量が多い三重苦~

眉毛に満足。

むふふふ。今日の眉毛は我ながらよく出来た。
今の自分の顔には「ブラウンでやや太眉」がいちばんしっくりきます。
おととい、「エピラット」の脱色クリーム(敏感肌用)でブリーチしたばかりだから、まだ眉毛の根元も黒くなっていないし。
もともとのすっぴん眉毛が黒くて濃くて毛量が多い三重苦で、眉メイクがけっこう大変で。

懐かしのフフのパウダーアイブロー。

いつもはペンシル(ヴィセの長刀型のアイブロウペンシルが最高)で描くことが多いけれど、今日の気分はパウダーでした。
そう、懐かしすぎる資生堂「フフ」の「パウダーアイブロー」です。5~6年くらい使っていますが、まだまだ使いきれていません。劣化もしていないので捨てられず。
付属のブラシの質が悪いわけではありませんが、ソニプラで購入したアイブローブラシで眉を描いています。ブラシの柄が長いほうが断然描きやすいので、不器用な自分向きなのです。

フフのアイブローのアップ。

眉山から眉尻にかけては真ん中のイエローブラウンと右端のブラウンを混ぜて描き、眉頭から眉山までは真ん中のイエローブラウンだけを薄くのっけています。
左端のハイライトはノーズシャドウ用ですが肌の色に馴染んでしまい、あまり凹凸感がでなくて滅多に使いません。

キャンメイクのボロボロコンシーラー。

最後に、キャンメイクの「カバー&ストレッチコンシーラーUV」02番ででムダ毛を処理した跡を隠します。この工程、眉毛が濃い私にとってはすごく大事。

処理跡を消す。

オレンジ色で囲ってある部分が、(毛抜きが苦手でいつも顔&眉用の電動シェーバーでムダ毛を処理していますが)すっぴんだとその処理した跡が目立つ部分。
「カバー&ストレッチコンシーラーUV」はカバー力が強く、コレを使えばいちばん最初の画像のように眉毛の処理跡をキレイに隠すことができます。他にも唇の赤みを消すのに使ったりと地味に大活躍してくれるコスメです。

眉毛が綺麗に描けると、メイクの完成度レベルが違うぜ。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zundokomochihada.blog2.fc2.com/tb.php/1655-d8d07c46