ズンドコもち肌。
人生に無駄なものなんてないのだよ。

ヴィセ「リップ&チーク クリーム」の詳細。

ヴィセ「リップアンドチーククリーム」RD-1外見。

8/21発売のヴィセ リシェ 「リップ&チーク クリーム」のモニターに@コスメから選ばれたので、 詳細をレポートしまっす。

まず、外見から。
500円玉サイズの、厚みがあるコロンとした丸型。ポーチに入れやすいサイズです。デザインはアナスイっぽいですが、もちろんヴィセはバラの香りはしません。

ヴィセ「リップアンドチーククリーム」RD-1。

中身はコチラ。色はRD-1。
赤い!この画像だけ見ると、完璧に朱肉です。触ってみたら硬めでした。
ここで気になったのが黄色いラインで囲った本体とフタの繋ぎ(蝶番)の部分。
少々ゆるいのでフタを開閉し使い続けているうちにいつかバキっと折れそう。力を抜いてやさしくフタを開閉するように注意が必要です。(特に私は大ざっぱなんで・・・)

RD1を頬と唇に。

さっそく頬に伸ばしてみる。
RD-1は見た目こそ真っ赤ですが、頬に伸ばして指でぼかすと綺麗に馴染んでツヤのある、自然な血色になりました。
持ちはそこそこ。クリームチークによくあることですが、時間が経つと少しムラになってしまいました。
私の使い方は頬骨~こめかみに沿って薄ーくよーく伸ばしてぼかした後、頬骨のいちばん高い位置(笑うといちばん頬が盛り上がる箇所)に重ね付けしています。
他にも手持ちのパウダーチークの下地としてこのクリームチークを使うと、いつもとは違う発色になって面白かったです。
クリームチークのツヤ感を強調したいのなら、ベースメイクをリキッドやクリームファンデにするのがオススメです。

と、まだレポートは終わりじゃない。この商品名は「リップ&チーク クリーム」。唇にも使えるのである。※ここから唇のアップがあるので注意。












ヴィセクリームチークRD-1をリップに。

唇に使うと、ポワンと赤くなりました。
リップメイクも頬と一緒で、指でポンポンと伸ばすだけ。ハーフマットのような質感になります。
赤リップって使いこなすのが難しいですが、この感じだとキメキメになりすぎず良いですね。
ただこういう仕上がりなので潤ってる感じはあまりしない。乾燥しやすいと思います。
持ちについては手持ちの口紅と同じで飲食したら落ちました。これについては仕方ないし、リップメイクが剥げたら塗り直せば問題ないと考えているので気にしていません。

最後にこの「リップ&チーク クリーム」のいちばんの長所は、メイクする時間がないときにチークとリップメイクがコレひとつ(税抜きで1,000円)で完了する便利さであるッ!完!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zundokomochihada.blog2.fc2.com/tb.php/1775-9659b4c9