ズンドコもち肌。
人生に無駄なものなんてないのだよ。

ヴィセは買って、マジョを買わなかった理由。

今回の記事は前半はヴィセ、後半はマジョマジョについて書いています。

ヴィセリップ&チーククリームBE-8。

ヴィセ リシェ 「リップ&チーク クリーム」の新色BE-8を購入しました。
RD-1に続き、このチークは2個目です。
相変わらず本体の蝶番が貧弱ゥ!なので大事に扱おう、と思う。

BE-8は「プラムベージュ」とパッケージに記載されていて、その名の通り青みがかって少しくすんだピンクベージュ。
発色もほぼ本体の色のまま。
頬のいちばん高い位置からこめかみに向けてチョンチョンと置き指でぼかすと自然な血色になるだけでなく、大人っぽくお洒落な仕上がりです。
顔から浮かない色なので、どんなアイシャドウやリップの色とも相性が良いです。
また、チークの下地としてコレをうすーく頬に伸ばしてから他ブランドのチークを入れると、色が混ざって印象が変わるのが楽しい。
私はローラ メルシエのベージュのチークを重ねてより大人っぽく見せるのが好きです。

リップに使うとマットなベージュピンク。
少し乾燥を感じるので、あらかじめ保湿力があるリップバームを塗ってティッシュオフしてから使ったほうが良いと思いました。

さて、話題は変わって、私はこのヴィセのチークと一緒にマジョマジョの限定マスカラとアイライナーも購入しようと思っていましたがイメージしていたものと違ったので見送り。

マジョのピンクたち。
(画像は@cosmeよりお借りしました)

まず「ラッシュエキスパンダー エッジマイスター」のPK400 チェリーピンク。(↑画像右上)

テスターを使用。ピンク色のなかに黒い繊維が入っています。
この繊維が短い睫毛に絡んで睫毛を長く見せてくれるんですが、この黒がピンクに混ざってボルドーのように発色します。
しかもこの黒い繊維が睫毛に不揃いに絡むので、所々でピンクがムラになって見える。
特に下睫毛に塗ると、上記の特徴が顕著です。
コーム型ブラシは塗りやすくて◎でした。

次に、「ジェルリキッドライナー 」(↑画像右下)。
こちらも限定のPK400 チェリーピンクのみテスターしました。
これは…、「赤」だ。
赤みがかったパールピンク。ダークチェリーみたいな感じ。ペンキみたいなまっピンクを予想していたので、かなりイメージと違いました。
この色ならギラギラ感はRMKのリキッドアイライナーのほうが強いし、もっとハッキリとした発色を望むならシュウ ウエムラか、さらにプチプラの価格帯でいえばクイーンズ・キーのカラーアイライナーが好みでした。(しかも来月はラブ・ライナーもカラーアイライナーを発売するから楽しみ)

ノック式アイライナー自体はシャープペンシルのようで液の調節がしやすいし、ブラシも特に問題はなかったです。

そして、今回のマジョマジョの限定色は「目元に馴染むピンク」なんだと思います。
このコンセプトが私の好みと合わなかっただけ。
ハッキリと、ペンキのように発色するカラーマスカラやアイライナーを欲しいという私の好みに近い方は、今回の限定色にあまりピンとこないかもしれません。

逆に、カラーマスカラやアイライナーが気になるけれど強めの発色で目元が浮くのはちょっと苦手な方にはピッタリな色味です。
ピンクでも目元に馴染むように少し暗く赤みがかっていると、王道のブラウン系アイシャドウとも組み合わせやすいです。
カラーマスカラ&アイライナー初心者やアラフォー以上の方々でもこのピンクは似合う方が多そう。950円(税抜き)だしカラーメイクを気軽に取り入れられます。

…と、私のテスターしただけの偉そうな感想は@cosmeにクチコミせずにこのブログにこっそりと書いておく。
現品を購入して(マスカラ下地を使用したりして)上手に使いこなしている方々と一緒のクチコミ枠では恥ずかしいので。
こんな文章でも少しでも誰かのお役にたてれば嬉しいです。

そして私はクイーンズ・キー ワンダフルカラーアイライナー07 (マーメイドブルー)を買う気満々である。(もはやピンク関係ない)
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zundokomochihada.blog2.fc2.com/tb.php/1916-efb177ca